1. スポボラ.netトップ
  2. ライセンスについて学ぶ
  3. スポーツボランティア・リーダー養成研修会

スポーツボランティア・
リーダー養成研修会

リーダーに必要な「概論・理論・実技」を学ぶ

一般ボランティアと共に、楽しく充実した活動をするためのリーダーシップを学ぶプログラムです。

受講対象
高校生以上。
スポーツボランティア活動の経験がある者。
スポーツボランティア研修会を受講・修了した者。
時間
1日
定員
50名
参加費
3,000円
評価判定
レポート、受講態度
交付
スポーツボランティア・リーダー認定証
(受講後、リーダー認定された者のみ)
有効期限
取得日の次の3月31日から2年後の同年月日
※以降3年毎の有効期限

一覧はこちら

スポーツボランティア・リーダーとは

ボランティア・メンバーとイベント主催者との「かけはし」となる存在

スポーツボランティア・リーダーの役割

1 主催者のサポーターとしてイベントの内容、主催者の意図を理解し、行動する
2 ボランティア・メンバーの能力を引き出し活かす
3 的確な指示・判断を行う(※イベントのルールに従って)

スポーツボランティア・リーダーの心得:5ヶ条

リーダーとして活動を行うためには、心構えも含めた事前の準備が非常に重要です。

1 イベントの全体概要を理解する
2 担当する活動の内容を把握する
3 活動のスケジュールを確認する
4 自らに課せられた役割や責任を確認する
5 安全に活動するために活動場所を確認する

本研修会で使用するテキストの目次

第1章 概論

Ⅰ. スポーツボランティア/スポーツボランティア・リーダーとは

1. スポーツボランティアの定義

1-1 ボランティアの定義
1-2 スポーツの定義
1-3 チームの定義
1-4 リーダーの定義
1-5 スポーツボランティアの定義

2. スポーツボランティアについて

2-1 スポーツボランティアの楽しみ方
2-2 仲間作りと仲間の受け入れ方

3. スポーツボランティア・リーダーに求められるもの

3-1 リーダーの心得
3-2 リーダーの立場と役割

4. スポーツボランティアの現状把握と課題

4-1 スポーツボランティア活動状況
4-2 スポーツボランティアバンクの課題

5. スポーツボランティア仲間との付き合い方

5-1 スポーツボランティア活動とは
5-2 他のスポーツボランティア活動仲間とのコミュニケーション
5-3 障害者とスポーツボランティア

第2章 理論

Ⅱ. スポーツボランティアに関する統計

1. スポーツボランティアの統計

1-1 データでみるスポーツボランティア
1-2 スポーツライフ(する・みる・ささえる)の現状で見ると

2. スポーツボランティアの分類と様々な活動

2-1 スポーツボランティアの分類
2-2 スポーツボランティア活動紹介

3. 障害のある人たちのスポーツ

3-1 障害者スポーツの起源
3-2 障害者スポーツの可能性
3-3 障害者スポーツの国際大会

4. スポーツボランティアの現状

4-1 スポーツに関する法律等の流れ
4-2 スポーツ基本計画とスポーツボランティア

5. リーダーシップ

5-1 リーダーシップとは
5-2 ボランティアのリーダーシップ
5-3 フォロワーシップとは

第3章 応用実技

1. アイスブレイク

1-1 はじめに
1-2 心地よい空間を創り出すために
1-3 リードアップの魅力を感じる
1-4 素直に楽しむ心が一番
1-5 グループワーク
1-6 リーダーとアイスブレイク

2. リスクマネジメント

2-1 リスクとは
2-2 スポーツボランティアにおけるリスク
2-3 リスク予測能力
2-4 備えておきたい対応方法
2-5 応急手当を身に付けておくことの大切さ
2-6 保険について
2-7 下見による安心感
2-8 具体的なリスク軽減

スポーツボランティア
研修会
スポーツボランティア
リーダー研修会
スポーツボランティア
上級リーダー研修会
コーディネーター研修会
ライセンス更新講習
スキルアップ研修会
ページトップへ