メインロゴ
  1. スポボラ.netトップ
  2. ページ一覧
  3. ラグビーワールドカップ2019™日本大会 ボランティアの育成を通じて大会を成功に!

ラグビーワールドカップ2019™日本大会 ボランティアの育成を通じて大会を成功に!

ラグビーワールドカップ2019日本大会 成功に向け3者協定の締結

特定非営利活動法人日本スポーツボランティアネットワーク(以下、JSVN)と公益財団法人笹川スポーツ財団(以下、SSF)は、2017年3月3日にラグビーワールドカップ2019組織委員会と「ラグビーワールドカップ2019大会に向けたスポーツボランティア普及・養成に関する協定書」を締結し、ラグビーワールドカップ2019大会の成功に向け、連携・協力をしています。

TEAM NO-SIDE

昨年募集されたラグビーワールドカップ2019日本大会ボランティアは、ラグビーワールドカップ史上過去最高の3万8千人を超える応募があり、大会期間中は、全国12都市で約1万3千人のボランティアが、試合会場やその周辺における運営補助や、ファンゾーンにおける来場者サービス等で活躍します。ラグビーワールドカップ2019日本大会ボランティアは「TEAM NO-SIDE」の一員として、大会にかかわる全ての人に 、ラグビーの価値と日本の魅力を伝えることが期待されています。

ラグビーワールドカップ2019日本大会公式ホームページ>>

ボランティアトレーニングに関する取り組みへの協力

JSVNとSSFでは、「ラグビーワールドカップ2019 大会に向けたスポーツボランティア普及・養成に関する協定書」に基づき、ラグビーワールドカップ2019 大会へ下記の協力を行っています。

1. ボランティアのトレーニングに関する取り組み
• E-ラーニングによるボランティア研修のコンテンツ作成協力、講師の派遣
• リーダートレーニングにおけるコンテンツ作成協力、講師の派遣

2. 大会後にボランティアをレガシ―とするための取り組み
ボランティアのトレーニングでは、JSVNスポーツボランティア養成プログラム(※1)からコンテンツを提供し、2019年6月からは、全国12都市で開催される全てのリーダートレーニングにJSVN講師12名(※2)が登壇します。

今大会の成功はもちろんのこと、今大会を契機にスポーツボランティア文化の醸成がさらに促進されることが期待されています。

※1 JSVNスポーツボランティア養成プログラム>>
※2 JSVN講師紹介>>

ラグビーワールドカップ2019開始記念 ラグビーレジェンドインタビュー

SSFでは、ラグビーワールドカップ2019日本大会の開催を記念して、日本のラグビーを支える人びとにラグビーワールドカップへの期待、日本ラグビーの未来について伺ったラグビーレジェンドインタビューを連載しています。

ラグビーレジェンドインタビュー>>

JSVN、SSFも「TEAM NO-SIDE」の一員として、ラグビーワールドカップ2019日本大会を支えます。

ページトップへ