メインロゴ
  1. スポボラ.netトップ
  2. ページ一覧
  3. 東京2020組織委員会「東京2020D&Iアクション」に賛同

東京2020組織委員会「東京2020D&Iアクション」に賛同

誰もが生きやすい社会を目指して

公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会(東京2020組織委員会)より「東京2020D&Iアクション」についてのお知らせです。

東京2020大会は、「スポーツには世界と未来を変える力がある。」を基本コンセプトとして「全員が自己ベスト」「多様性と調和」「未来への継承」を掲げ開催されました。東京2020組織委員会では、大会を契機に、多様性と包摂(ダイバーシティ&インクルージョン、D&I)を備えた社会を実現するため、「東京2020D&Iアクション -誰もが生きやすい社会を目指して-」(東京2020D&Iアクション)を宣言しました。

東京2020D&Iアクションとは

D&Iを備えた社会を実現するために、未来に向けて私たちに何ができるかを考え、今後の行動を宣言するムーブメントです。既に多くの団体やアスリートが賛同し自らのアクションを宣言しています。

あなたも参加することができます

東京2020D&Iアクションには、個人の方も参加することができます。互いを認め合い、誰もが自分らしく生きられる共生社会を目指し、ぜひご参加ください。

【参加方法】
●「アクションを書く用紙」をA4で印刷してください。 (白い紙でも構いません。)
●サインペンなどでダイバーシティ&インクルージョンに関するアクションを1つ書いた自撮り写真を、SNSで投稿してください。
・ハッシュタグは「#東京アクション」 「#誰もが生きやすい社会」としてください。
・アクションをテキストで投稿するだけでも構いません。
・アクションは自由に記載できます。
●投稿いただいたアクションは、組織委員会のウェブサイトやSNSで紹介させていただくことがあります。
●参加の期間は2021年8月18日から12月末までを予定しています。

※東京2020組織委員会 「東京2020D&Iアクション」詳細についてはこちら

日本スポーツボランティアネットワーク(JSVN)の取組み

JSVNでは、「東京2020D&Iアクション」に賛同し、誰もがスポーツボランティアを楽しめる環境づくりに取り組んでいます。

2022年3月に開催される東京マラソン2021には、ボランティアチーム「Team JSVN」を結成しエントリーをしています。Team JSVNのメンバーは、障害のあるメンバーが10名、障害のない人が30名の合計40名で構成され、障害の有無に関わらず、協力し合いながらボランティア活動を楽しむことを目指しています。

10月17日には、Team JSVNの参加者17名が参加し交流会を開催しました。(当日の様子はこちら

JSVNでは、これからもスポーツボランティアを通して、ダイバーシティ&インクルージョンを発信していきます。

写真:Team JSVNメンバー 山中 亮さんの東京D&Iアクション宣言

ページトップへ